名古屋大学 高等教育研究センター

第71回客員教授セミナー 博士課程の学生のための能力開発 マリア・テレシア・ネラッド 氏 米国・ワシントン大学・大学院教育革新研究センター長 2014年6月19日(木)16:00〜17:30 名古屋大学 東山キャンパス 文系総合館7Fオープンホール

■ 講演要旨

In this time of globalization, with its intensive national focus on innovation, the expectation among governments and research funding agencies is for the next generation of PhDs to be innovators and to work post-PhD in many areas of society. Researchers in the twenty-first century are expected to acquire in addition to the traditional academic research competencies for successfully undertaking and publishing research, professional competencies for ensuring effective dissemination and appropriate application of research findings in various settings inside and outside the university. They are also expected to acquire cultural competencies for working with and functioning in multinational teams and settings.

To paraphrase a Nigerian proverb-"It takes a village to educate a child"-I argue that it takes a global village to develop tomorrow's PhDs, and provide them with the professional competencies needed for today's and tomorrow's labor market for highly trained professionals. It will take coordinated effort at many levels of universities, national disciplinary research associations, and international professional learning communities to prepare the next generation of researchers.

The presentation will explain the background for the focus on the professional development (PD) in the US and Europe. The following questions will be addressed: What constitutes PD for doctoral students? How did it develop? What empirical evidence do we have for its need? What conceptual approaches exit? Who is offering PD? Examples from the US and Germany will be provided.

■ 開催案内

第71回客員教授セミナー

講演題目
博士課程の学生のための能力開発
講演者
マリア・テレシア・ネラッド 氏
(米国・ワシントン大学・大学院教育革新研究センター長)
日時
2014年6月19日(木)16:00〜17:30
場所
名古屋大学 東山キャンパス 文系総合館7Fオープンホール

講演概要

次世代の研究者には、伝統的な研究者に必要とされていた能力以上のものが求められている。研究者に必要とされる能力の変化に対して、米国、欧州、豪州では、博士課程の学生に対して汎用的能力(generic, transferable and translational competencies)の育成に向けた能力開発が行われている。このセミナーでは、米国とドイツの事例を示しながら、博士課程の学生を対象にした能力開発の動向を紹介する。特に、以下の4つの問いを中心に、議論を展開していく。
・博士課程の学生のための能力開発とは何か?
・博士課程の学生を対象とした能力開発はどのように発展してきたのか?
・博士課程の学生を対象とした能力開発はなぜ価値があるのか?
・能力開発を誰が提供しているのか?

※このセミナーは英語で行います。

お問合せ先
info@cshe.nagoya-u.ac.jp
Tel:052-789-5696
ご参加いただける方は、事前に上記メールアドレスまでご一報いただけると助かります。会場準備の都合によるものですので、必須ではありません。
案内用ポスターPDFPDF

PDFファイルをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。 AdobeReaderは、Adobe社AdobeReaderダウンロードサイトからダウンロードできます。
Get AdobeReader