名古屋大学 高等教育研究センター

第86回客員教授セミナー 韓国における高等教育改革
−財政支援と評価による教育の質保証−
Hoseung Byun 氏 忠北大学教育学部・教授 2017年8月22日(火)16:00〜18:00 名古屋大学 東山キャンパス 文系総合館5階 アクティブラーニングスタジオ

■ 開催案内

第86回客員教授セミナー

講演題目
韓国における高等教育改革
−財政支援と評価による教育の質保証−
講演者
Hoseung Byun 氏
(忠北大学教育学部・教授)
日時
2017年8月22日(火)16:00〜18:00
場所
名古屋大学 東山キャンパス 文系総合館5階 アクティブラーニングスタジオ

講演概要

韓国は、戦後の復興・国の再建に向けて、国民の教育水準の向上に努めてきており、多くの高等教育機関が設置された。近年、グローバル化や厳しい競争、さらに少子化という事態に直面して、高等教育制度改革の必要性が指摘されている。政府は、現在学生数の削減に取り組んでおり、それを加速させるために大学評価制度、学生定員の見直し、財政支援等の政策を打ち出している。さらに2017年から第2期計画として、質と量の両面にわたる改革を進めている。これに対して、大学をランクづけしたり就職準備機関化したりするものとの批判が、各大学からあがっている。


■ 講演要旨

To rise from the ashes of the war, Korea needed universities to educate and train necessary workforces to rebuild up the country. Many universities and colleges were established to take up the role. However, globalization and fierce competition, as well as decrease in birth rate gave a wakeup call to streamline the higher education system in terms of quantity and quality. The term ‘structural reform (構造改革)’ is used instead of ‘downsizing.’ The government aims to reduce 160,000 students by 2023. The strategies used by the government is to link university evaluation, reduction of student quota, and financial support to guide structural reform. Merging and retirement of universities are included in the process. Criteria for evaluation include educational condition, academic affairs management, student support, and education output. As of this year, 44,000 student quota is reduced compared to 2013.

Even though quantified goals are achieved, whether the ‘quality’ is enhanced due to the reform is in question. Higher education community criticises artificial reforms by ranking universities and degrading them as instruments of job employment. Other issues and concerns remain. First, it will widen the gap between capital and regional universities which is already steep. Second, the portion of private universities in the higher education will be even greater. Third, although it is the liberty of each university to select one’s own method to reduce student quota, unpopular departments such as humanities and arts are to become scapegoats of the restructuring. Other conflicting views also exist. One of them is, if good universities’ quota are reduced more than necessary, it will hinder rights of parents and students’ freedom and feed the insolvent universities to prolong their lives.

Now, the structural reform is in its 2nd stage. Reflecting criticism and moving to a new direction based on social consensus is required.

申し込み方法
  本セミナーへのご参加を希望される方はセミナー参加申込フォームから必要事項をご入力下さい。その際にご入力頂いたメールアドレスへの返信をもちまして、申込完了となります。
お問合せ先
info@cshe.nagoya-u.ac.jp
Tel:052-789-5696
本セミナーに関する質問事項等があれば、上記のお問い合わせ先まで連絡をお願いいたします。
諸連絡
※このセミナーは英語で行います。日本語通訳はありません。
※いただいた個人情報は、本企画運営の目的にのみ使用いたします。
※ご来場の際には、できる限り公共交通機関をご利用くださいますようお願いいたします。構内駐車された場合の用務証明書発行はいたしかねますので、ご了承ください。
案内用ポスターPDFPDF

PDFファイルをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。 AdobeReaderは、Adobe社AdobeReaderダウンロードサイトからダウンロードできます。
Get AdobeReader