名古屋大学 高等教育研究センター

第89回客員教授セミナー 大学のガバナンスと教育研究活動 リウドヴィカ・ライシト 氏 ドルトムント工科大学高等教育研究センター・教授 2018年3月6日(火)13:30〜15:30 名古屋大学 東山キャンパス 文系総合館5階 アクティブラーニングスタジオ

■ 開催案内

第89回客員教授セミナー

講演題目
大学のガバナンスと教育研究活動
講演者
リウドヴィカ・ライシト 氏
(ドルトムント工科大学高等教育研究センター・教授)
日時
2018年3月6日(火)13:30〜15:30
場所
名古屋大学 東山キャンパス 文系総合館5階 アクティブラーニングスタジオ
使用言語
英語

講演概要

本セミナーでは、欧州における大学ガバナンスの変化とそれが教員の教育研究活動に与える影響について検討する。 はじめに、制度ロジックの視点と高等教育のガバナンス類型に基づき、欧州では強力なマネジリアリズムや外部ステークホルダ主導のガバナンスが浸透している一方、ドイツのようなフンボルト理念を受け継ぐ大学では、教員主導のガバナンスも依然として強力である点を議論する。 NPM 型の改革により、論文生産性など、ある種の数値目標は改善したかもしれないが、その背後で教員の自律性を損なうという深刻なコストを負担している可能性がある。 こうした改革により、一部の専門分野では、何を教育研究活動の成果とするか、どのような知が生み出されたかという大学の成果自体も変化する可能性がある。 これは、教員集団の価値観を破壊し、大学教授職への魅力を削ぐ結果へといずれつながる可能性がある。


■ 講演要旨

This talk addresses the change in governance of universities in Europe and its effects on academic work. Drawing on the institutional logics (Thornton & Ocasio, 2008) perspective and the governance equalizer model (De Boer, Enders & Schimank, 2007) we observe that New Public Management inspired reforms have led to stronger managerial self-guidance and stakeholder guidance in most European systems, while at the same time, academic oligarchy is still powerful, especially in the systems following the Humboldtian higher education tradition (e.g. Germany). I argue that Academic logic based on the Mertonian (1973) values of science where higher education is public good is being challenged by the Quasi-market logic that is based on proprietary values and is manifested in private appropriation of financial returns in higher education (Dill, Texeira, Jongbloed & Amaral, 2004). As a result of New Public Management reforms (Leisyte & Dee, 2012), the complexity of institutional logics is increasing in the field of higher education and is experienced as a serious challenge for academic work and academic profession.

Studies show that even though due to New Public Management reforms productivity may be increasing as measured by traditional indicators, it may come at the cost of reducing professional autonomy. Statistics shows that in Germany, France and the UK the number of publications and patents has steadily increased in the period 2008-2015. At the same time the pressure to perform has increased workloads of academics, especially through increased administrative procedures. The stronger institutional imperative to attract external research funding has encouraged more mainstream research topics as well as more short-term research horizons (Leisyte & Dee, 2012; Huther & Krucken, 2018). Academics in this context have been ‘coping with trouble’ (Schimank & Stucke, 1994) using a range of strategies, such as ‘symbolic compliance’ (Leisyte, 2007) to maintain their ‘protected spaces’ (Rip, 2011). While for some disciplines and star academics it has been possible to do so, for junior academics and disciplines such as, for example, humanities, it has been a challenge (Leisyte 2007). Thus, for some disciplines the institutional complexity with the prevalence of Quasi-market logic may change what counts as an output and what knowledge is produced, which in the end may erode the academic ethos and attractiveness of the academic profession.

申し込み方法
  本セミナーへのご参加を希望される方はセミナー参加申込フォームから必要事項をご入力下さい。その際にご入力頂いたメールアドレスへの返信をもちまして、申込完了となります。
お問合せ先
info@cshe.nagoya-u.ac.jp
Tel:052-789-5696
本セミナーに関する質問事項等があれば、上記のお問い合わせ先まで連絡をお願いいたします。
諸連絡
※いただいた個人情報は、本企画運営の目的にのみ使用いたします。
※ご来場の際には、できる限り公共交通機関をご利用くださいますようお願いいたします。構内駐車された場合の用務証明書発行はいたしかねますので、ご了承ください。
案内用ポスターPDFPDF

PDFファイルをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。 AdobeReaderは、Adobe社AdobeReaderダウンロードサイトからダウンロードできます。
Get AdobeReader