名古屋大学 高等教育研究センター

名古屋大学高等教育研究センター 第106回客員教授セミナー 共催:名古屋大学教育基盤連携本部 カンボジアにおける高等教育
-誰のための、何のためのものか-
Higher Education and its Research in Cambodia: For what and for whom?
UN, Leang 氏 カンボジア王立プノンペン大学人文・社会学部 学部長 2022年6月30日(木) 14:00-16:00

■ 開催案内

名古屋大学高等教育研究センター
第106回客員教授セミナー
共催:名古屋大学教育基盤連携本部

講演題目
カンボジアにおける高等教育
-誰のための、何のためのものか-
Higher Education and its Research in Cambodia:
For what and for whom?
講演者
UN, Leang 氏
(カンボジア王立プノンペン大学人文・社会学部 学部長)
日時
2022年6月30日(木) 14:00-16:00

講演概要

カンボジアにおける高等教育は内戦の影響を色濃く受けている。内戦後のカンボジアは知識基盤型経済社会の構築を目指しており、高等教育はカンボジア成長戦略の重要な柱となっている。本講演では、カンボジアにおける高等教育と高等教育研究の目的および対象者を問いつつ、発展について報告する。

Abstract

The higher education and its research in Cambodia was developed not only recent, but also uneven. The first modern university was established only in 1960 and expanded briefly before it was interrupted by the first civil war (1970-1975) and was shuttered by the Khmer Rouge regime (1975-1979). It then remained underdeveloped during the second civil war (1979-1991). Only fairly recently has higher education and its research become an important pillar of Cambodian development strategy under the influence of the logical correlation between innovative knowledge of higher education and its research and the construction of a knowledge-based economy and society.

In this seminar, I will explore the development of higher education and its research in Cambodia after the end of civil war in early 1990s, focusing on how that affects the indicator of innovative knowledge and development in term of what for and for whom. The seminar will be divided into six sections. 1) briefly present the historical background of Cambodia, 2) outline the current situation of Cambodian higher education and its research, 3) attempt to answer how did Cambodian higher education and its research arrive at their current status, 4) explore the relationship between Cambodian higher education - its research and development by trying to answer: What and who is Cambodian higher education and its research for? 5) examine what is the future direction of Cambodian higher education and its research. Finally, 6) it will provide a personal concluding remark that suggests an alternative future direction of Cambodian higher education and its research.


本セミナーは Zoom によるオンライン開催です。以下をご確認のうえ、お一人様1アカウントにてお申し込みください。
・マイクが利用可能で、高速なインターネットに接続されたPC等が用意できること
・発言等ができる静穏な環境で参加できること

使用言語:英語
Language: English

■ Lecture Summary

Cambodian higher education and its research were developed not only recently, but also unevenly. The first modern university was established only in 1960, and higher education and its research were expanded briefly focusing on Cambodianization within the larger nation-building project after the independent in 1953. This process was interrupted by the more than two decades of civil wars and especially was completely shut down by the Khmer Rouge regime (1975-1979). Higher education landscape in Cambodia has been transformed dramatically since the introduction of public-private partnership in 1997 that allows the private sector to operate Higher Education Institutions (HEIs) and allow the public HEIs to accept the self-sponsored students.

Between 1997 to 2021, the number of HEIs increases from 8 to 130 (of which 72 are private) and the number of students mushrooms from less than 10,000 to about 200,000. Majority of students enroll in business related subject such as accounting and management along with two other popular majors, English and IT. In term of research, Cambodia’s performance and output is very low, especially in the field of science and technology measured by peer reviewed publication which is a common academic standards and practices. Consequently, Cambodia ranks very low in global knowledge index and innovation index.

The role of STEM (science, technology, engineering and mathematics) higher education and research in development, especially for economic growth and poverty reduction are taken for granted, especially among development organization and policy maker. Since 1990s, though Cambodia registers an impressive economic growth at the macro level, yet its GDP per capita remain low compare to neighboring countries. Also, though the rate of poverty reduced quite substantially, it remains high at about 18%. Further the gap between the poor and the rich is widening. Furthermore, despite impressive physical infrastructure improvement, social services and social safety net and security which are the foundation of social progress remain far from satisfactory.

The analysis from the donors, development worker as well as among Cambodian policy maker is still focusing on economic growth with the expectation this will have spill-over effect on other social issues. They argue that higher education and its research do not response the market need and industrial development which is the foundation of economic growth. So, their policy and project interventions focus solely on reforming governance and accountability to address the issues through promoting STEM higher education and research with the ultimate goal is to increase worker’s skill and productivities as well as diversifying economic growth’s foundation. This one-side development discourse is forgetting the role of higher education in addressing many social and human issues.

This critical stance towards the current higher education development discourse, however, by no means implies that economic prosperity should not be one of the outcomes of higher education and its research. There must be a need to re-think and re-engage beyond the reform agenda to re-content higher education and its research in Cambodia to address a wide range of societal issues, rather than solely focus on economic growth-oriented reform,


カンボジアの高等教育およびその研究は、最近になって発展したものでも、昔から恒常的に発展してきたものでもない。1953年の独立後、高等教育とその研究は、カンボジア近代化という一大国家プロジェクトの中で一時的に広がり、1960年に最初の近代的な大学が設立された。しかしこの機運は20年以上にわたる内戦によって中断され、さらにクメール・ルージュ政権(1975-1979)の発足により完全に停止した。1997年に官民合同会議が始まったことで、民間による高等教育機関(HEIs)の運営が可能となり、また、公立高等教育機関が自費で学費を納める学生を受け入れるようにもなって、カンボジアの高等教育の状況は劇的な成長を遂げることになった。

1997年から2021年の間に、高等教育機関の数は8から130に増え(うち私立は72)、学生数も1万人未満から約20万人へと急増した。学生の多くは、会計や経営などのビジネス関連科目と、人気の高い2科目-英語とITを専攻している。カンボジアの研究実績やその評価は極めて低い。とりわけ学会誌への掲載数を学術面での基準とする科学技術分野においては、カンボジアは世界的な知識水準や到達レベルにおいても非常に低い順位にある。

STEM教育(科学・技術・工学・数学の教育)とその研究は、カンボジアの経済成長と貧困問題解決のために、開発機関や政策立案者の間で必須とされている。1990年代以降、カンボジアはマクロレベルで目覚ましい経済成長を遂げたが、1人当たりのGDPは近隣諸国と比較してもいまだ低い水準にある。貧困率は大幅に低下したが、依然として約18%と高い水準にある。さらに貧困層と富裕層の格差も拡大している。物理的なインフラの改善には目を見張るものがあるが、社会の進歩の基盤となる社会サービス、セーフティネットやセキュリティ対策はまだ十分ではない。

政策立案者はもちろんだが、カンボジアへのドナー(援助団体)や開発関係者らによる分析は、社会全体が抱える諸問題への裨益を期待して、経済成長ばかりを注視している。また、高等教育とその研究は、経済成長の基盤となる市場のニーズや産業発展に対応していないとも考えている。そのため、STEM教育とその研究を促進しながら、高等教育のガバナンスやアカウンタビリティの改革に焦点を当てた政策やプロジェクトを推進している。労働者の技術や生産性を高め、経済成長の基盤を多角化することを最終目標にしているようだが、こうした一方通行的な開発論のもとでは、多くの社会的・人権的問題を解決できる高等教育の役割が忘れ去られている。

しかしながら、近年の高等教育発展への批判な立場は、経済的繁栄が高等教育とその研究の成果の1つに数えられるべきではないと述べてはいない。経済成長一辺倒の改革ではなく、社会的問題に幅広く対応できるようなカンボジア高等教育とその研究の内容を、我々はさまざまな課題をふまえ再考する必要がある。その再計画のプロセスは、継続的かつオープンにしなければならないことも忘れてはいけない。


申し込み方法
下記セミナー参加申込フォームから必要事項をご送信下さい。
https://forms.office.com/r/02xU31Yz0i
定員
100名(申込締切 6月27日)
参加方法
参加申し込みされた方に後日お知らせします。
お問合せ先
info@cshe.nagoya-u.ac.jp
Tel:052-789-3534
(セミナー専用)
本セミナーに関する質問事項等があれば、上記のお問い合わせ先まで連絡をお願いいたします。
諸連絡
※いただいた個人情報は、本企画運営の目的にのみ使用いたします。
案内用ポスターPDFPDF

PDFファイルをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。 AdobeReaderは、Adobe社AdobeReaderダウンロードサイトからダウンロードできます。
Get AdobeReader